女の人

不調に悩んでいるときは

サプリを持つ人

大阪のような大都会に住んでいると仕事や人間関係にまつわるいろいろなストレスがあるものです。そんなとき気の持ちようの問題だと片付けずに、一度大阪の婦人科で相談してみるとよいでしょう。不快な症状が更年期障害によるものである場合には、大阪の婦人科で適切な治療をしてもらうことができます。

この記事を読む

妊娠予定から摂る栄養素

婦人

妊活サプリを夫婦で摂る事で、不足がちな栄養素を補うことができます。母体や赤ちゃんの正常な発育は色々な栄養素が必要です。中心はバランスの良い食事とストレスのない生活ですが、不足と感じたら妊活サプリを効果的に使用しましょう。

この記事を読む

リスク軽減効果と野菜

サプリと女の人

妊婦が葉酸をきちんと摂取すると、本人にも胎児にも良い効果がいろいろとあります。その代表的なものは胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減させることです。また、葉酸が含まれている野菜は、ほうれん草、枝豆、ほろへいやがあります。サプリメントでの摂取も効き目が高いです。

この記事を読む

葉酸の効果と注意点

口コミや評判で人気が高い葉酸サプリなら安心して飲むことができます。綺麗になりたいなら美容成分が配合しているサプリを飲むと良いですよ。

サプリで効率的に摂る

woman

葉酸が配合された葉酸サプリメントは、妊活、動脈硬化の予防、貧血の予防、疲労の軽減、美肌などに効果があります。葉酸はビタミンBの一種で、体内でタンパク質や赤血球を作ります。血行のめぐりを良くして体を健康な状態に保つ働きをします。特に赤ちゃんを望む女性にとって葉酸は必需品です。葉酸が体内に十分にあれば、妊娠しやすくなります。葉酸は食べ物からは摂りにくいので、サプリメントで摂るのが効率的です。また、妊娠がわかったあとも葉酸のサプリメントが必要になってきます。葉酸には赤ちゃんの先天的障害を予防する効果があるからです。妊娠初期に飲むのが望ましく、受胎後28日の間に十分に葉酸が体内にあるのが理想的と言われています。

合成葉酸がお勧め

巷には無数の葉酸サプリメントが出回っています。サプリメントが配合している葉酸には、「合成葉酸」と「天然葉酸」の二種類があります。一見天然のほうが体にいいように見えますが、厚生労働省は合成葉酸のサプリを推奨しています。天然だと吸収率が劣るため、大量の葉酸サプリを摂取する必要があります。合成葉酸はモノグルタミン酸型という名称で記載されています。葉酸サプリの一日の摂取量の上限は、飲む目的によって違います。妊娠を望む場合や妊娠中は480マイクログラム、授乳中は340マイクログラムが目安です。いずれの場合でも1000マイクログラムが一日の上限の目安となります。上限以上摂取したとしても効果が上がるわけではないので、摂取量を守ることが大切です。